皆さん、こんにちは。ゼネラルマネージャーの江藤です。

少し日時はさかのぼりますが、今年の1月にお引渡しを行った、菊陽の家新築プロジェクト。

 

こちらの竣工ならびに工事写真などをご紹介したいと思います。今回の物件は、旧家の母屋を解体してその古材を再利用して新築の建物に組み込む。。。そんな、古い材料と新しい技術や材料との組み合わせで構成された木造2階建ての建物です。通常の木造2階建てとは違い、メインフレームとなる外部の構造と、内部の軸組みと2重構造となっている菊陽の家。

北側には車が1台収納できるガレージも備えており、和モダンな外装が特徴的な住宅です。

 

 

では、今回の住宅プロジェクトの歩みを、工事写真と共に振り返ってみたいと思います。

 

 

 

まずはプロジェクトに先駆けて、旧家の解体作業を行いました。解体する前に何度も事前調査を行い、使える材料、廃棄する材料を選定。手戻りなくスムーズに解体工事を行いました。当然、生け捕りする梁材などがありますから、当社の大工棟梁には現場に常駐してもらいながら、慎重に取り外しを行いました。解体した材料は当社の倉庫に移送し、設計の佐々木先生に実際の木材を見てもらって、使う材料を選定していただきました。

 

 

 

解体工事が終わるころには、実施設計図もあがり、いよいよ新築工事の開始です。まずは安全祈願祭を執り行い、あわせて境界立会いや高さの確認など行いました。

 

 

 

基礎工事は当社がもっとも得意とするところ。公共土木工事で培った技術で、外構工事のL型擁壁などもセットしていきます。底盤の占め固めの機材も当社の自社機材です。何事も基礎が大事。力が入ります。

 

 

 

 

基礎のコンクリートを打設するころ、当社の倉庫では篠原棟梁が再利用する木材の墨付けをおこなっていました。弟子の元木君も手伝いながら、刻んでいきます。古かった材料も親方の手にかかれば、魅力が増します。さすがです♪

 

 

 

いよいよ棟上が始まりました。新しい材料と古い材料。見事に融合して組みあがっていきます。現場管理をしていて一番楽しくわくわくする時でもあります。心配された天候もなんとかもち、無事上棟できました。

 

 

 

上棟式ではお施主様のご好意により祝いも開催されました。今からがんばっていただく大工さん達も、どんな家になるのか楽しみで仕方ありません。

 

 

 

軸組みが建て込まれた後は、アルミサッシを取り付けたり、外壁の下地を組んだり、屋根を葺いたり。
今回の建物には、石州防災和瓦を採用しました。ただ、通常ののし組とは違い、和瓦葺きだけどそこはすっきりモダンな雰囲気に・・・・
屋根屋さんと頭をフル回転で考えながら、シンプルながらもちゃんと和モダンになりました。

 

 

 

建物が順調に建て方を進めているころ、住宅設備などの現物確認なども行っていました。時にはショールームにも足を運んでいただき、設計の佐々木先生と協議したり、細かい使い勝手を確認したりと大変な作業量でしたが、がんばって確認していただきました。

 

 

 

 

現場の方は、どんどん作業が進んでいきます。鉄骨階段の下地を取り付けたり、断熱材を吹き付けたり。
下地が終われば仕上げ作業に進みます。いよいよ完成する姿が見えてきました。

 

 

 

時には残業したりしながら、天候とも戦いました。年末に差し掛かるころには、寒さもありなかなか進みません。左官工事では、時には夜間も工事してもらいました。

 

 

 

現場での定例会議も随時行っていただきました。仕上げ工事の時期になると確認する内容も濃くなります。
中々イメージができにくい仕上げもありましたが、見本や実際の建物を見ながら想像力を掻き立てていただきました。

 

 

 

最後の仕上では、セルフビルドということで、お施主さんに寝室の壁の一部を塗装していただくことに!!
設計の佐々木先生も自らローラーで塗装されていました。塗装ってやってみると難しいんですよね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

沢山のこだわりが詰まった、菊陽の家。

一部の竣工写真となりますが、オーナー様のこだわりが少しでも伝われば・・・・と思い、画像をアップしたいと思います。
(画像をクリックすると拡大画像となります)

 

 

 

 

  

左より、ダイニングキッチン(縦)、ダイニング・リビング(梁材は古材を再利用)、ダイニング・リビング

 

  

オリジナル階段、2階吹き抜け及び通路、2階洋間(格子建具は解体材を再利用)

 

  

オーダーキッチン(キッチンハウス)、キッチンとアンティーク家具、キッチン袖壁

 

  

洗面脱衣(家具はオリジナルで製作)、浴室(スピリチュアルモード)、トイレ(LIXIL)

 

  

坪庭と廊下、廊下の連続収納戸、玄関ホール(梁材は古材再利用)

 

  

寝室、朝日を浴びるリビング、子供室

 

  

北側ファサード(ガレージ扉は古材再利用)、南側外観、玄関正面(郵便受け柱は古材再利用)

 

 

 

いかがですか?

細部までこだわり抜いた仕様ではないでしょうか?

我々もかなり勉強になりました。古材を古さを感じさせずに再利用するテクニックもさることながら、バランスも最高だったと思います。

ぜひ、古材利用の建築プロジェクトも当社へご相談ください♪

 

 

 

・設計監理 : アートレ建築空間  佐々木 寿久 先生

・施工管理 : ㈱江藤社  江藤 靖明

・物件情報 : 木造2階建て、ガレージ付

・延べ床面積 : 169.9㎡(51.48坪)

・工事期間 : 平成25年9月~平成26年12月